社会福祉法人 西日本新聞民生事業団


創立65年民生事業団組織と運営

組織と運営

運営に当たっては、社会福祉やマスコミ、行政OB、文化人などの有識者で理事会を構成しています。理事8人、監事2人です。理事長は川崎隆生・西日本新聞社会長が務めています。評議員会は12人で、理事会の運営をチェックしています。

財務諸表・役員名簿

※平成28年度決算書類および現況報告書は、後日、社会福祉法人の財務諸表電子開示システムにより公表します。(平成29年9月頃の予定)

【事業団役員・評議員名簿】

戦後からの歴史

西日本新聞民生事業団は西日本新聞社の社会福祉・事業部門として1949(昭和24)年10月、創立総会を開催し、年末には福岡市のデパート屋上に動物園を開設するなど活動を開始。翌年4月、社団法人として認可されました。九州大学などと共催で山間へき地や離島への無料診療団派遣、九州地区児童福祉施設球技大会、老人ホーム交歓大会の開催など数々の事業に取り組んできました。動物園や無料診療団派遣事業はなくなりましたが、1967(昭和42)年9月には、福祉事業を推進するため社会福祉法人に改組し、福祉活動の内容を一段ときめ細かく充実させました。すでに66年の歴史を刻んでいます。

多数の感謝状

感謝状

宮城県知事から民生事業団に贈られた
東日本大震災の復興支援への感謝状

西日本新聞民生事業団の長年にわたる福祉援護事業に対し、多数の「感謝状」をいただきました。最も新しいのは、2014(平成26)年8月の九州社会福祉協議会連合会(九社連)児童養護施設協議会長からの感謝状です。民生事業団が資金面で支えてきた九州地区児童福祉施設球技大会が同年で60回を迎えられたことへのお礼です。2013年7月には東日本大震災の復旧・復興を支援したと宮城県知事から感謝状を贈られました。2016年6月17日には、皆さまから寄託された熊本地震救援金(1670件、総額3億6673万6307円)の目録を熊本県の蒲島郁夫知事に贈りました。これらはひとえに、民生事業団の活動をご理解いただき、福祉資金にご援助いただいた皆さまのお力添えのたまものと深く感謝しています。

お問い合わせ・アクセス先

〒810-8721 福岡市中央区天神1丁目4番1号(西日本新聞会館13階)
電話:092(711)5041・5043  FAX:092(711)5043